お申し込みスーハマジックスーハ分析スーハセミナースーハグッズ会社概要
通信販売法の表示プライバシーポリシープロフィールお問合せ
   
 
 
 
第233号
1月−アレーゎスーハの基本である
2011/01/07


アレー(在れ)ということばを毎年1月のスーハメッセージカレンダーのことばとして掲げています。コーランではただ一言「アレー」と発するだけでその通りになると言われています。2011年、それぞれの想いと目標設定が鮮明で具体的であればあるほど「アレー」となる(その通りになる)体験をし、数波方程式を基本として実践の中で証明される方が多くアラワレルように感じています。

【1月のスーハコトバ】
「アレー」ゎスーハの基本である
0909
1010103
1010103

表数0909、裏数と臆数は1010103の配列になっています。2011年と2012年の2年間はスーハメッセージカレンダーの中で裏数1010103の日が1日もありません。その内容からみても1010103が存在しない2年間の波動を対処する方法は「アレーゎスーハの基本である」の文章通り、裏数と臆数に1010103の数字がある内容です。

表数の0909の数字が示すことは「0」とは何かを明確にすることです。0のチュウシンをまず明確にする。特に2011年2012年のような9999が9回も出てくる年においては、あれもこれものチュウシンでは……。

最も重要とする0を認識し、それぞれのチュウシンの意識を鮮明に具体的にして、一つに絞り込み抽象的にならないことです。2年間は特に裏数99999が9回と99○○と9○9○のパターンの日。しっかりと「9」の数字「和」の波動を使い切るという具体的な方法を明確にすればするほど裏数に示している1010103の波動が動くことになります。表数の全体数と融合数は9になっていますから、中間波動がなくて最後にするか和にするかを選ぶことになります。

「ワタシ」が生きている。「體」が生きている。あなたはどちらで2011年、2012年を過ごされますか? 

■スーハを調べてみよう!

【今週の参考入力コトバ】
2011年(名前+生年月日)の開運コトバ

*接続詞はなくても大丈夫!2011年開運するためのコトバは?











































 
 
Copyright APPLINET Inc. All rights reserved.