お申し込みスーハマジックスーハ分析スーハセミナースーハグッズ会社概要
通信販売法の表示プライバシーポリシープロフィールお問合せ
   
 
 
  TOP > スーハ講習会 > 松山「数波上級講座@AB」

 講習会のご案内

参加ご希望の方はご連絡ください。


松山「数波上級講座@AB」のご案内

受講者5名以上で開催いたします

「数波基礎講座@AB」受講後は数波上級講座へ進み、さらに広がる数波の世界を体験して頂きます。「数波上級講座@AB」を受講されると「数波指導詞資格認定証」が発行され、「数波カウンセラー資格認定講座」受講資格が与えられます。

■2018年「数波上級講座@AB」開催日
[3月] 
数波上級講座@  3/1 (木)
数波上級講座A  3/8 (木)
数波上級講座B 3/15(木)
 
[6月] 
数波上級講座@  6/7 (木)
数波上級講座A  6/13(水)
数波上級講座B  6/21(木)
 
[9月] 
数波上級講座@  9/6 (木)
数波上級講座A  9/13(木)
数波上級講座B  9/20(木)

■時間 
13時〜17時

■場所 
リン・スーハ研究所 
〒791-2113愛媛県伊予郡砥部町拾町95-3 2階 

■受講料(テキスト代込) 
数波上級講座@ 20,000円 (再受講10,000円)
数波上級講座A 20,000円 (再受講10,000円)
数波上級講座B 20,000円 (再受講10,000円)

■持参物 
数波上級講座@AB共通
・本「スーハマジック◎」 (研究所で購入可能 1,404円) 
・スーハができる携帯電話やタブレット、パソコン
・4色(青 赤 緑 黒)ボールペン 
・ノート
※以下、お持ちの方は毎回ご持参下さい。
数波上級講座@ 
・スーハメッセージカレンダー(研究所で購入可能 1,080円) 
・4色(青 ピンク 緑 黄)蛍光マーカーペン、または色鉛筆 
数波上級講座A
・数波ダイス(研究所で購入可能 サイコロ収納袋込み920円)
数波上級講座B 
・リン・スーハ研究所の素数波分析
・ゴールドペン、ゴールド筆ペン(研究所で購入可能)

■受講条件 
・スーハサイトに加入して操作されている方 
・数波基礎講座@AB受講済の方

■申込方法
・受講ご希望の方はメールで申込をお願いします
随時受付中:メールアドレス rinsuha@suha.jp
・開催予定日の14日前に開催の有無をお知らせします
※受講者5名以上で開催いたします
・開催日の10日前までに受講料一括お振込をお願いします

■お問い合わせ 
リン・スーハ研究所 
メール rinsuha@suha.jp
TEL 089-958-6989
(受付:火〜土 10時〜18時)

-----------------------------------------------------------------------
カリキュラム
[数波上級講座@]
●スーハメッセージカレンダーについて
1. スーハメッセージカレンダーとは
2. スーハメッセージカレンダーの見方・使い方
3. 月のリズムの優先順位と新月波動の法則
4. 自分と同調する日を色付けしよう
5. 自分と同調する日の使い方
6. 1月〜12月の使い方・過ごし方
7. 2017年の波動の特徴と2017年の特別な波動の日を知る

[数波上級講座A]
●チュウシンからのメッセージについて
●数波魔法ダイスについて
1. 数波魔法ダイスとは
2. 数波魔法ダイスのやり方と使い方
3. 毎月の数波魔法ダイスのまとめ方
4. 三分の一と三分の二の世界

[数波上級講座B]
●写氣について
1. 写氣とは
2. 写氣を体験しよう
●素数波について
3. 素数波とは
4. 素数波の読み取り方
5. 受講者の素数波解説

------------------------------------------------------------
【数波上級講座 受講者さまの感想】
・数波上級講座を受講できてよかったです。素数波を使いこなせるように日々学んでいこうと思いました。写氣も楽しみながら感謝しながら、まずは1000枚を目指します。ありがとうございました。(A.Iさん)

・数波上級講座@AB全部に参加させていただき、感謝致します。どの回も数波の深い世界を教えていただき、改めて数波に巡りあえた幸せを感じました。(K.Yさん)

・数波上級講座@AB全てを修了し、満足感と共に世界共通語である“数字”をよむということの奥深さ大切さを教えていただきました。ありがとうございました。(A.Tさん)

・緊張と僖びの中で、上級講座で与えられた「調和」をこころにこれからもわたしのためにみんなのために頑張っていきたいとおもいます。(E.Kさん)

・上級講座Bでは、受講者一人一人の素数波解析を再度していただき、ワタシとは何者なのかということを再確認しながら、数字読みの方法や解説が分かりやすく、自分に入ってきました。本当に充実した講習となりました。ありがとうございました。写氣を再認識できたので再スタートさせていきたいです。(R.Nさん)

・上級講座全3回、本当にありがとうございました。再受講、深く深く入ってきました。受けて良かったです!!内容が分かりやすく、からだが反応して鳥肌がよくたちました。ありがとうございました。実践につなげていきます!!(M.Iさん・再受講)

・何回受けてもその都度氣付くこと、感じることがあって凄いと思います。素数波の読み方の基本が分かりました。(Y.Yさん・再受講)

・今回2回目を受講して深く入ってきました。いかにシンプルに捉えて、基本を「知る」→「認識できる」かが大事 ということを再度受けとめることができました。貴重な時間をありがとうございました。(K.Rさん・再受講)

・スーハは深い。色々な角度から3分の2と繋がることに変わりはないが、数字や詞でみる方法やダイスやチュウシンからのメッセージで捉えるかなど、やればやるほど、本当のわたしが分かるんだと確信しました。もっともっと3分の2を使い切ります。上級講座はヒントがたくさんあって凄いです。(R.Nさん)

・数波魔法ダイスの振り方、魔法詞の選び方等、詳細を色々教えていただいたことを早速明日からダイスを振る時に実践してみようと思います。ありがとうございました。(A.Tさん)

詳しいダイスの振り方、同調詞の選び方、まとめ方を学べて、内容の深さを知ることができました。(K.Yさん)

・今日は、数波魔法ダイス初体験でした。意識せず振ったダイスからのメッセージは“あーやっぱり。そうなんだ。”でした。きづいていたけれど、見ないフリをしていた部分でした。腑に落ちたらスッキリしました。ありがとうございました。3分の2の存在に感謝です。(A.Iさん)

・上級講座、一段とレベルアップした講座でした。素数波の仕組みに繋がる組み立て方、ストーリーの「そう想う」衝撃でした!!やはり、前半の基礎固め、基礎講座が毎回認識できるようカラダに取り込めるほどきちんと押さえて下さり、本当に感謝です。宿題も楽しみながらしてきます。ありがとうございました^^(M.Iさん・再受講)

・チュウシンからのメッセージも数波魔法ダイスも、考えて選ぶと、今回は選べなくなりました。3分の2からくる数字と数波方程式のメッセージを素直に捉える大切さを感じました。本日は大変高度でした。(R.Kさん・再受講)

・数波魔法ダイスの凄さがじわじわと入ってきました。ことばを選ぶ上でもポイントもよく分かりました。(Y.Yさん・再受講)

・スーハメッセージカレンダーは世界へ発信、チュウシンからのメッセージは本人に、数波魔法ダイスも本人に、それぞれをスーハメッセージカレンダーの毎日のことばと重ねその日に実践し行動します。数波を続けておもうこと‥『そう想うことゎ実現します』(K.Kさん・再受講)

・改めて数波の奥深さを感じました。使いこなせるように日々入力したいと思います。(A.Iさん)

・基礎講座から4ヶ月後、上級講座を受講しました。改めて基礎講座で教えて頂いたことの再確認も出来て、普段数波入力をしている方法の疑問点も教えて頂き、有意義な時間をありがとうございました。(A.Tさん)

・本日は、数波上級講座に参加させていただいてありがとうございます。毎日活用させていただいているスーハメッセージカレンダーの詳しい使い方を学べてよかったです。自分の素数波と同調している日を大切にしながら毎日過ごしていきたいと思います。(K.Yさん)

・スーハの活用方法には、入力・素数波・調和詞カードなど様々ありますが、それぞれの活用に対してしっかりと落としこめていなかった事もあり、スーハメッセージカレンダーも分かっているようで基本が分かっていなかったので、同調する日の使い方や優先順位など、深く理解できたのでよかったです。月の意味や使い方を明確に意識して日々を楽しく過ごして、そして実践していこうと改めて思える1日になりました。ありがとうございました。(R.Nさん)

・なごやかな中にもゆうじん先生の普段見られない厳しい先生を拝見しました。テキストに沿った説明は、とてもわかりやすくまた楽しみにしております。感謝。(E.Kさん)

・前半はテキストに沿って、後半はゆうじん先生のまとめというスタイルは、聴きやすく分りやすかったです。こういう機会がないと基本をおごそかにしがちですが、いい勉強になりました。(Y.Yさん・再受講)

・上級講座再受講ありがとうございました。資料も昨年よりバージョンアップしていてビックリ!基本講座は例文もあり、非常にわかりやすく大変ありがたいです!!暦は本当に誰でも身近に感じられるものなので嬉しく思います。滅多にできない質問の機会もありがとうございます。2018年の波動も活かしていきたいです。まずは、2017年達成できたこと、残った課題を見直し、10月へつなげていきたいです。ありがとうございます。(M.Iさん・再受講)

・上級講座を再受講して、先の分かる波動とことばの数波とカレンダーについて、よりシンプルに捉えやすい進行と説明でした。現実に使うために一度目より二度目が深く知れて、新しく氣付きに変わる時間でした。数字の波動と調和詞の波動とを使ったスーハカレンダーを素直にいかに取り入れていくかという事に氣が付きました。ありがとうございました。(K.Rさん・再受講)

・上級講座とても氣持ちが良かった。0波動の安心波動を感じました。基本を学び、これからも活かしていきます。スーハカードをこれから益々皆様に渡し続け僖びとします。数波を実践します。ありがとうございます。感謝。(K.Kさん・再受講)

・3日間の講座を通して様々なツール(スーハメッセージカレンダーや数波魔法ダイス)を使ってさらに深くエネルギーを見ていく方法の奥深さを知り、これからの日々に使っていくことで何かを掴めそうです。学んだことを実践していく。とにかく毎日の中で数波を使い、更に自分を知って、楽しく生きていこうとおもいました。もっともっと学びたい氣持ちでいっぱいです。ありがとうございました。(A.Kさん)

・3週に渡ってじっくり学ばせて頂いたことで「なぜ?」に対する本質的な回答を学ばせて頂きました。スーハはいのちであり、波動である。このことをしっかりと受け止め、敬意をもって使いきっていこうと改めておもいました。本当にありがとうございます。大感謝です!(M.Sさん)

・内容が絞られているので、意識として残りやすいです。今までの記憶とは別に、新しい意識・記憶をつくる法則論として数波があることがよくわかりました。(Y.Yさん)

・数波上級講座受講でき、本当にありがとうございました。基礎からの見直しが出来た上に、すべての素が学べたようにおもいます。「私」という存在の素晴らしさ。基本から外れることなく伝えていけたらとおもいました。(M.Iさん)

・より自分を見直す機会になりました。チュウシンからのメッセージ、数波魔法ダイスからのメッセージなど、三分の二からの情報を受け取りながら、実生活に活かしていきたいとおもいました。ありがとうございました。(Y.Aさん)

・新月の会とは全く違う流れで、1つ1つのポイントを丁寧に教えていただけたので、とてもよかったです。今まで自分がしていなかったことばの出し方や数字の見方、順番がとても大切だったと認識しました。ポイントをしっかり押さえると選ぶ同調コトバも変わってくるとおもいます。三分の二との繋がりもできてくるのではないかとおもいます。今回の情報がすべてかみの恩恵だと捉えて、スーハを使い切って現実を動かしていこうとおもいます。(I.Mさん)

・核創りの月に数波上級講座に参加し、素数波の素晴らしさ、数波方程式の素晴らしさ、基本の大切さを再認識しました。特に、自然の意識とは生きること、生ききる 生きてこそ 分かること。これからの人生、自然の意識を素に、数波ゎ3分の2からの暗号 を解いていきます。(K.Kさん)

・数波上級講座@ABを受講して
@スーハカレンダーの活用の仕方について、ただことばを楽しんだり、神月をチュウシンとして前後3日間のエネルギーが大きいという感覚から、基本的なことが深まり、毎日・毎月の波動としてみていく‥に変わりました。
Aチュウシンからのメッセージや数波魔法ダイスを現実に使っていくにあたっての見方や活用の仕方が深まりました。縦数や横数の見方・読み方などがわかりました。
B写氣や素数波に対しての想いが変わりました。「氣」とは何か、どういうことか、数波で現実を使い現実を動かしていけるように『自然の意識とは生きる』とつながれるようにクリーニングしていきます。核入れの月に受講できてありがたいです。(K.Rさん)

・上級講座を終えて…改めて数波の素晴らしさを実感しました!
日常で数波を二の次にしては勿体無い!毎日のスーハメッセージカレンダーとチュウシンからのメッセージ、魔法ダイスを数波入力して分析する意識、確認、実行が全てに繋がるのだと再認識しました。その積み重ねが大きな僖積を起こす。調和ことばを意識して過ごす実践です!

3回目の講座では 素数波を改めて解説して頂けて、自分の持つ数字の特徴が再確認できました。更に、他の方々の素数波をあんなに沢山比べてみる事は今まで体験した事が無かったので、とっても面白かったです。それぞれのお役目があって、必然でその数字を頂けて生まれてくるのだと実感しました、いのちの素晴らしさに感動と感謝しかありません。初の上級講座に参加された方々のご縁も素数波からの数字で現されていたように想います!(M.Iさん)

 
 
Copyright APPLINET Inc. All rights reserved.