お申し込みスーハマジックスーハ分析スーハセミナースーハグッズ会社概要
通信販売法の表示プライバシーポリシープロフィールお問合せ
   
 
 
 

実際に生活の中でスーハを活用し、調和の毎日を楽しく生きている人たちをご紹介します。あなたも体験談を参考に、ぜひ自分だけの使い方を見つけてください。

Scene03 「人間関係」
  (N.Hさん)

友人から仕事を辞めたいとの相談を受けました。そのときその友人の素スーハを出してみてその特徴を話してみると、人間関係はうまくいっていなかったものの今の仕事の選び方は間違っていなかったことに気付きました。今はスーハで人間力の勉強中です。

Scene04 「愛があるから」
  (K.Aさん)

スーハを使い始めてからのココロの変化、それは以前よりマイナス語を発しなくなったことです。わりと夫は束縛する方で、それに対する不満や自由が欲しいなどと周りにも漏らしていました。しかし、最近ではそれを言わず「愛があるから」だと前向きに思えるようになりました。いつでも相手の気持ちを察するよう心掛けてます。

Scene05 「相手がいたから」
  (Y.Mさん)

柔道に励む双子の兄弟。しかし兄は弟に一度も勝てず悔しい想いをしてきました。しかし、日々スーハコトバを実践し楽しみながら練習をするうちに大会で見事優勝。試合後「優勝出来たのは相手がいたから。その相手にお礼を言わないと」と遠くからありがとうございましたと一礼。同じく自分を応援してくれた周りの人達にも礼を言う姿に、我が子ながら勉強させられた思いです。

Scene06 「ビジネスに応用」
  (R.Hさん)

自分のビジネスにスーハを活用しています。相手とコミュニケーションをとる際に生年月日を聞いてみて、自分の感性で感じるものとスーハにより導き出されるものとを比較してみたりします。占いでもそうですが、ただ発信するだけでは何の意味も持たないと思います。そのコトバから何らかのエネルギーを導き、行動に移し人生を楽しくさせてこそのスーハだと思っています。

Scene07 「コトバは大切」
  (W.Gさん)

コトバは大切。ネガティブなコトバを使わない。不平、不満、愚痴、批判したり、競ったり、争ったり、怒ったり…そんなコトバを使わないようにしよう!まずそこから始めました。いくらコトバを良くしても自分の思いや行いがそのコトバと裏腹なものである場合もあり、毎日の生活の中で自分をコントロールし穏やかな氣分の状態をキープするのには時間がかかります。今日、明日それができる自分になることが目的ではなく、それに氣づいたよろこびや、長い人生の中で一歩一歩前進していけそうな確信を持てたことにココロから感謝しています。

Scene08 「自分の性質や本質、特徴を知る」
  (R.Hさん)

自分の性質や本質、特徴を知ることに活用しています。上手くいった事、そうでなかった事を分析するうえでの自分のパターンや法則性などを理解する事ができ、何年も時間を短縮できたように思います。自分だけではなく家族や子供に対しても同様のものを発見しました。だからあまり心配する事もなくなりました。成功哲学なんかに書き記されている法則性は、ツボは違うけど万人に存在する事なども理解できました。

Scene09 「調和の意味を体感」
  (M.Iさん)

スーハを使って調和の意味を体感しました。使い始めた頃は、良い状態になること(あること)を“調和している”と限定的に解釈をしていました。しかし、自分の都合の良い状態を調和しているというのではなく、良いとか悪いではない、ただ在ることが調和なのだと感じ、改めてコトバのエネルギーのすごさを再認識しました。








 
 
Copyright 2006 APPLINET Inc. All rights reserved.