お申し込みスーハマジックスーハ分析スーハセミナースーハグッズ会社概要
通信販売法の表示プライバシーポリシープロフィールお問合せ
   
 
 
 
第304号

☆スーハ人生相談☆
自分がどうしたいかわからない…

2012/5/21


こんにちは。リン・スーハ研究所です。

スーハメルマガ300号記念でリンスーハ研究所 所長・
数波方程式開発者 スーハゆうじんへの質問を募集しました。

メールを下さった方、どうもありがとうございます。
それでは、ご相談の回答をご紹介します。

--------------------------------------------------------------

[山本由香(偽名)さんからのご相談]

自分がどうしたいのか、何をしたいのか、どう生きたいのか…
わからないです。

私の役割、使命、本来の姿、仕事がなんなのか聞きたいです。
よろしくお願いします。

--------------------------------------------------------------

[スーハゆうじんからの回答]

自分がどうしたいのか?何をしたいのか?どう生きたいのか?
わからない…。

そのような方がほとんどではないでしょうか。

結局、「人間とは何ですか?」この答えをほとんどの人は
わからず知らず、一生を終えるのではないでしょうか。

そこで、今回のご相談に対して一言で回答は出ないと思います。
あまりにも深い内容ですから。

「自分とは何ものか」

まずこのことがわからず今生きています。

自分探しができるのが「数波」です。

しかし、今までの記憶の中から全てを結びつけて
答えを得ようとしていますから、答えが出てきません。

○○○○年○月○日○時○分に生まれた赤ちゃん。
その後に「山本由香」と命名されました。

その命名された「名」を以って、自我の目覚めがスタートしたわけです。
名前がつけられることにより、記憶の装置が発動したわけです。
善い悪いではなく、いのちのプログラムがスタートしています。

「私がよろこぶ」世界の誕生です。

もう一つ「カラダがよろこぶ」世界がありますが、ほとんどの人は
そのことも氣付かず一生を終えることになっています。

数波の世界である数波方程式は
「體が僖ぶシステム」を創り上げています。
ただ、そこまで探究される人はなかなかです。

■山本由香さんの生年月日の数波
表 9 4 9 4
裏 2 6 2 10
臆 2 10 2 5

山本さんの生年月日の数波の配列から波動を分析しますと、
とにかく「超個性派」としてこの世に生まれてきていますから、
迷って迷って人生をやっていく…その繰り返しの連続で
今日まできています。

それは表数9.4.9.4.がその暗号数として示しています。
まず9494の意味を解読することにより、
「自分の存在」と「役目」が明らかになります。
その範囲の中で何をするかを本人が決めるわけです。

誰も「山本由香」の中には入ってこられません。
まして最終決定権は本人にしかありません。
このこともしっかりと認識する必要があります。

9の数字の波動は全てを「和」する役目として存在しています。
ただし、一般的な生き方の場合は、もう一つの9の波動が動きます。
それは何事に対しても怒りと不満をぶっつける「最後」の波動です。
9の数字はどちらにしても大きなエネルギーを持っています。

裏数は2.6.2.10.です。
2が二つあり「私」の考えを中心として動くエネルギーが
最優先してハタラキますから、自分の考えや生き方が
スムーズに流れている時は問題ありません。

生年月日の数波と名前の数波、どちらも超特徴的です。
ですから、一般的な生き方では満足できないし
まず何をしてよいかわかりにくい数波です。

その中で唯一のヒントを伝えます。

『今あるを感謝』

すなわち「今」どのような状況状態であろうと
今日一日生きる僖びありがとうの世界が
「今あるを感謝」ということです。

それが生年月日からのメッセージです。

山本由香さんの名前の波動は
『善意の道』に同調しています。

善意の意味を数波的に言いますと「調和の世界」を
創設することを人生の目的として進めると
自然と山本さんのカラダが僖ぶことになります。

そのことをご相談者様が認識できると
自分自身で確認できると思います。

とにかく、山本さんの名前と生年月日
どちらも大きな特徴を持っていますので
奥が深いエネルギー体であると言えます。

今後も数波方程式の基本を研究されて
素晴らしい人生を創ることができますから
安心して進めて下さい。

●スーハを調べてみよう!

【今週の参考入力コトバ】
(名前+生年月日)の幸せの条件

*自分が本当に幸せだと感じることは何でしょう?


























































































































 ←前号へ| 次号へ→ | 一覧


 
 
Copyright APPLINET Inc. All rights reserved.