お申し込みスーハマジックスーハ分析スーハセミナースーハグッズ会社概要
通信販売法の表示プライバシーポリシープロフィールお問合せ
   
 
 
 
第238号
9の数字にまつわる出来事
2011/02/11


【2月のスーハコトバ】
お月さまの波動リズムを活用する
1719
91910
1081010

新月や満月の時刻にあなたは何をしていますか?

お月さまは新月・上弦・満月・下弦の四つのリズムの名前により循環しています。そのリズムの特徴を数波方程式からみるとどのようになるでしょう。その特徴を認識することにより、お月さまの波動を活用することもできます。名称の波動を数波方程式により解析してみます。

「満月」
2529
8897
10427

【同調詞】
・お互いのエネルギーが引き合う

満月とは地球が月と太陽の間に入って両方から引っ張られる状態。新月から始まった新たなサイクルのエネルギーが満月の時刻で最高潮に達し1つのスパイラルの終焉を迎えます。これは人間が何度でもやり直しが効くという存在なのだという象徴、美しく神秘的なサイクルエネルギーと解釈しています。満月は宇宙からのエネルギーがとてもアクティブに高まる時刻、この瞬間は波動が強いですよね。満月の時刻に人間に顕れる現象について科学的にも出産率が高くなる等色々言われています。

「新月」
101079
0347
10427

【同調詞】
・変換
・自分の運命が変わった

新月とは太陽と月の黄経差(おうきょうさ)が0度となり目に見えない状態で朔(さく)とも言います。新月は美しい浄化のエネルギーに満ちあふれており、何かを始めるのには最適な時刻だと感じています。新月の日は「物事をスタートさせる・新しいことを始める」「新たな創造のエネルギーに満ちあふれる」と言われています。

『新月・上弦・満月・下弦』
2845
8875
107210

【同調詞】
・氣の転換期

新月→上弦→満月→下弦の月のサイクルを‘氣の転換期’と意識して活用することができそうです。

■スーハを調べてみよう!

【今週の参考入力コトバ】
(名前+生年月日)お月さまの波動リズムを活用する

*年月日や新月、満月、なども加えて入力するとより詳しい情報をキャッチできるかもしれませんね☆






























































←前号へ | 次号へ→ | 一覧


 
 
Copyright APPLINET Inc. All rights reserved.